白色申告は年に一度行う確定申告の方法で、メリットとデメリットが存在します。白色申告のメリットの大きなものとしては、帳簿をつけなくてよいということでしょう。売上規模が小さく、経理処理に時間をかけたくない場合にはすごく有効な申告方法だといえると思います。また、近頃増加傾向にある主婦で在宅副業をしている方などは、毎日の現金の動きや決算を行う事はすごく大変なので、帳簿を必要としない白色申告が役に立つかもしれません?他にも、白色申告では、税務署に提出する書類が少ないですから、申告の手間も少なく済むという事考えられるでしょう。しかし、白色申告にはマイナス面も存在します。白色申告のデ利点は、帳簿をつける必要がありませんから、帳簿などが不充分な場合に税務署自らが納税者の所得を推計して、課税されるケースもあるということです。最低必要書類がないのなら、税務調査で高額な課税をされても文句をいうことができません。また、白色申告の場合、最大65万円を所得から控除出来ないというデ利点があるのですよ。加えて、FXで損失を出したとしても、翌年以降の儲けから損失を差し引くことができないというのも、白色申告のデメリットです。白色申告は申告書類が簡単な分、青色申告と比較すると税金面で得をする事が少ないと考える事ができるはずです。白色申告のメリットやデメリットをよく知った上で、確定申告の種類を検討するといいですよー